協会の研究・トピックス・ニュース

指導普及委員会、組織委員会発足

2014/06/17

当協会も「日本幼児体育協会」「社団法人幼少年体育振興協会」「一般財団法人日本幼少年体育協会」「公益財団法人日本幼少年体育協会」と移り変わってきました。

地域密着から東京都規模、そして全国規模の認定団体へとなってきました。実質は全国への普及活動は当初より行っており、指導普及や組織の面々を見ますと北海道から沖縄までの内容になり、現在も全国各所で地域密着型の指導を展開しています。

「現場」「実技(実践)」「理論(体系・汎用・総合化)」と、洗練され組織化されていますが、

わかりやすくいうと、「子どものため」「それを教える先生・指導者・大人のため」「誰もがわかりやすく初めての人でもできるように」が、教務や学際として具現化されています。

抽象と理論が学校であれば、現場と理論が当協会とも言えます。

委員会のメンバーは勿論のこと、幼体会員(日本幼少年体育協会幼児体育指導者資格会員の略称)や当協会を支持して下さる、学校・幼稚園や保育園・スポーツ関連団体の方々には内外問わず発表や書籍や学会紙に載せて行きます。

検定日一覧にて
ご確認ください
実施日程一覧にて
ご確認ください
Copyright (c)公益財団法人 日本幼少年体育協会. All Rights Reserved.